ページの先頭へ戻る

認定・保証

長期優良住宅

昭和建設が施工する「家族だんらんの家」は、標準仕様において高い認定技術基準を満たす”長期優良住宅”です。

「長期優良住宅」とは「いいものをつくってきちんと手入れして、長く大切に使う」ストック型社会への移行を図るために「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」をもとに今後、 建築される住宅を「長期優良住宅」」として認定する制度です。
建物の構造や計画的な維持保全計画、居住環境などに高い認定技術基準があり、それらを全て満たす住宅が「長期優良住宅」、良質で資産価値の高い住宅であると認められます。 さらに認定を受けることで様々な税制等の優遇のメリットがあることも大きな特徴です。
長期優良住宅認定証 / 適合証

「長期優良住宅」認定技術基準

高品質な家づくりのために「家族だんらんの家」が満たすハイレベルな技術基準。

劣化対策(耐久性)
世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能です。
  • 床下空間高さ33cm確保
  • 床下空間、小屋裏空間点検口設置
維持管理・更新の容易性
メンテナンスやリフォームしやすい家にしなければなりません。
  • 維持管理対策等級3
省エネルギー性
断熱性能など、一定の省エネルギー性が確保されている必要があります。
  • 省エネルギー対策等級4
住戸面積
良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
  • 75m2以上(かつワンフロア40m2以上)
居住環境
地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
耐震性
大規模な地震に対して崩壊しにくい、また、もしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要です。
  • 耐震等級(倒壊等防止)2以上
維持保全計画
  • 建築後の住宅維持保全の期間が30年以上。昭和建設は図面、仕様書等データで保管しています。
  • 構造耐久上主要な部分、給配水管等について、仕様、点検の項目及び予定時期が指定されたものであること。
  • 点検の予定時期がそれぞれ点検または更新から10年を超えないものであること。

税制メリット

家づくりを財政面でもバックアップ。最大500万円の住宅ローン控除などが受けられる「長期優良住宅」。高品質・高性能な住まいを長く大切に使うライフスタイルは、税制面からもバックアップされています。

認定を受けた住宅に対する税の優遇措置

優遇措置

「家族だんらんの家」は、このような厳しい基準を満たし、長年に渡り安心してお住まい頂ける住宅です。
「長期優良住宅」認定技術の詳しい情報は、国土交通省のWEBサイトでご覧いただけます。[長期優良住宅の認定基準(概要)]

省令準耐火構造

火災に強いだけではなく、火災保険料も安くなる。

住宅金融支援機構の融資等に準じた構造で、建築基準法に定める準耐火構造とは異なります。 省令で定める基準に適合する住宅を指し、建築基準法で定める準耐火構造に準ずる耐火性能を持つ構造です。

省令準耐火構造 省令準耐火構造

すまい給付金

すまい給付金とは?

自らが居住する住宅の取得に際し、引上げ後の消費税率が適用される方に給付金が支払われる新しい制度です。

すまい給付金


お近くの展示場

モデルハウスやショールームなど見応えたっぷり!週末には各種イベントも開催中!詳しくは各展示場へ。

家族だんらんの家
総合案内
認定・保証
構造・工法
省エネ
オール電化
エクステリア
インテリア
キッチン
バスルーム
サニタリー
標準仕様リスト