MENU

閉じる

FAQ

よくあるご質問

よくあるご質問

お客様から寄せられるよくあるご質問と回答をまとめました。

QUESTION. 1

注文住宅と建売住宅では何が違うの?

建売住宅とは読んで字のごとく、既に建築された建物を販売します。購買者にとって、現物を見て選べる安心感、手軽さ、土地探しや設計等の手間が省ける利点がある反面、購買者の要求が反映されにくい、壁内部の構造を見る事が出来ないという難点もあります。逆に注文住宅は、施主が購入した土地や所有する土地に、間取りや設備を一から注文して建築しますので、間取りや外観、水回り、床、建具、壁紙等全て打合せを重ねて作り上げる住宅となります。建売住宅に比べ手間は掛かりますが、限りなく施主の理想に近い住宅が出来ます。

QUESTION. 2

昼間は忙しくて打合せが出来ません、夜でも打合せ出来ますか?

展示場は朝9時から夜8時までは常時開いております。夜8時以降も営業担当のスケジュールが合えば打合せは可能です。展示場、ショールームにご来場出来ない場合でも、お許しいただければご自宅等での打合せでも大丈夫です。

QUESTION. 3

地鎮祭はしたほうがいいの?どの位包めばいいの?

地鎮祭とは、その土地の建築・土木工事を始める前に、土地の神様を祝って工事の安全を祈る儀式のことで、安全祈願祭とも呼ばれます。地鎮祭をやる・やらないはお施主様の自由です。大半の方は地鎮祭を執り行いますが、中には事情がある場合もございますので施工者側から無理に勧めることはありません。ちなみに費用としましては、お願いする神社の神主様に「初穂料」と書いたのし袋に2~3万円の額を入れてお渡しします。

QUESTION. 4

古い建物の解体工事も頼めますか?

勿論です。所在地をお教え頂ければ、協力解体業者及び営業担当にて現地建物の調査をおこない、お見積りをご提示致します。工程を打合せした後、解体着手致します。

※新築工事の流れでは、融資確定→建築確認許可→解体工事着手となります。

QUESTION. 5

メーターモジュールとは何ですか?

家づくりの寸法基準として、メーターモジュールと尺モジュールがあります。メーターモジュールは1mすなわち1000mm、尺モジュールは3尺すなわち910mmを基準とします。そのため、廊下や階段、その他トイレなど、今まで尺寸法の住宅で生活していて、狭いなと感じるスペースが広く快適に使えるようになります。昭和建設はメーターモジュールを基準としています。

QUESTION. 6

土地のセットバックとは何ですか?

幅員4.0m以下の道路において、建築基準法に定める緊急車両の通行する道幅を確保するため、道路の中心から2.0m後退することをいいます。その部分は宅地を道路として提供することになりますので、建築物、工作物は勿論、駐輪駐車も出来ません。

QUESTION. 7

建築条件付宅地とは何ですか?

建築条件なしの土地の場合、その土地に建てる建物の設計、施工を行う会社は自由に決めることが出来ます。建築条件付きの場合、建てる建物の設計、施工を売主の指定する建築会社で行うという条件のついた土地になります。

※土地の売買契約書に、この土地が建築条件付の土地である旨が記載されます。

QUESTION. 8

契約書に記載されている以外にかかる費用ってありますか?

契約書には請負金額が明記されます。請負金額とはその名のとおり、弊社がお客様より請け負う物に対する代金です。つまり弊社の請負工事以外の諸費用は含まれておりません。ではここで言う請負工事以外のものとは何があるのか?いくつか挙げると、借入に関する金融機関への手数料、登記費用、火災保険費用、地鎮祭費用、引越し費用等があります。ただ、このような諸費用が掛かる事を契約するまで知らなかったでは困ります。ですので、打合せの段階でしっかりした資金計画をお客様にご提示して、合意のうえでご契約の締結となります。

QUESTION. 9

平屋と2階建てはどちらがいいの?

はっきり言ってお客様の好みです。当然、地域性や現在の年齢、家族構成やライフスタイルによって分かれてきます。都心部の40坪の土地に平屋を建てようと思っても無理がありますし、今からの年齢で階段の上り下りは辛いと思われるかもしれません。私達は土地の状況、お客様のライフスタイルをしっかり考慮したうえで最適なプランをご提案します。

QUESTION. 10

住宅ローンの相談にものってもらえますか?

地方銀行、都市銀行、フラット、ネット銀行と現在はさまざまな金融機関があります。お客様の収入や家族構成、ライフスタイルをヒアリングしながら、お客様に合った借入先のご相談をお受けいたします。

QUESTION. 11

住宅設備のメーカーは選べるのですか?

注文住宅で建てる以上、水回り等の住宅設備にはこだわりたいところ。昭和建設では国内一流メーカーより、お客様理想の設備をお選びいただけます。弊社ショールームは勿論、各メーカーショールームへのご案内もお任せください。詳しくは、本サイト「家族だんらんの家とは」をご覧ください。

QUESTION. 12

土地から探しているのですが紹介してもらえますか?

昭和建設は各地にて自社分譲地を保有しています。ご希望の地域に分譲地があればお薦めしますし、無い場合には長年培ってきた地場の不動産ネットワークにより、出来る限りお客様のご要望に応じた土地をご紹介します。

QUESTION. 13

すまい給付金ってナニ?

すまい給付金とは、消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設された制度で、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が充分に及ばない収入層に対して消費税率引き上げによる負担の軽減をはかるものです。そのため収入によって給付額が変わる仕組みになっています。

QUESTION. 14

本体標準仕様単価26.5万円/坪はどこまでの金額?

昭和建設の本体標準仕様単価とは、あくまで建物本体の価格を指します。建物内部の住宅設備等(キッチン・ユニットバス・洗面・トイレ)は当然含まれます。逆に含まれないものは、付帯工事(地盤調査費用・外部給排水工事・雨水工事・下水道接続工事・外部幹線電気工事等)、諸費(図面作成費用・公官庁申請費用・電気申請費用・建物検査費用等)となり、後記で挙げた費用計として約500万円ほどが掛かります。地域により掛かる費用も変わってきますので、詳しくは営業にお尋ねください。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご相談下さい。

0120-213-337

受付時間:9:00~18:00(日祝除く)