ページの先頭へ戻る

リフォーム

部位で探す

  • キッチン
  • バスルーム
  • 洗面トイレ
  • 屋根・外壁

戸建てリフォームのポイント

戸建て住宅をリフォームする際、建物の構造によって、可能なリフォームの範囲が異なります。お住まいの地域によっても条例や 建築協定、また建築基準法などにより様々な規制がかかりますので、できること、できないこと精査することが必要です。 さらに、ご自宅の建築材料やこれまでのメンテナンスによっても耐用年数が違ってきます。 理想のリフォームを実現するための第一歩は、お住まいの基本構造を再度確認し、ご家族が希望するリフォーム内容が施工可能かを 具体的に考えることからはじめます。
まずは、昭和建設のリフォームスタッフにお気軽にご相談ください。

ご相談

ご家族の希望される間取りやデザイン、ご予算についてのご要望をお伺いします。

敷地調査

敷地のメリットや条件面での活用方法を最大限に生かすために、建築上の要件を確認します。

プラン提案・予算計画

間取りなどに関するご要望をお伺いした上で、敷地調査の結果を踏まえて、ご家族に最適なプランを提案します。

本図面・お見積り提出

ご検討いただき、プラン決定後に最終的な設計図面と見積もりをご提示します。

資金確定

住宅ローンの事前審査確定などの手続きをし、予算の大枠を確定します。

ご契約

建築工事請負契約書を作成します。

設計間取り確定

設計確認会、三面打合せ会に基づき、工事用図面を作成します。

三面打合せ会

建具の色、柄、内・外部の仕上げ材について協議をし、確定します。

追加変更工事の見積書を提出

設計確認会で追加や変更が発生した場合には、追加変更工事の見積書を提出します。

建築確認申請手続き

確定した設計図に基づき役所に建築確認を申請します。

造成、解体工事

近隣へのご挨拶を済ませ、建物の解体に着手します。

地鎮祭

事故の無いように土地のお祓いをします。

現場配置確認

実際に現場で建物の配置、高さなどを確認します。

地盤調査

調査時期をご相談の上、敷地の地耐力を調査します。(解体時は解体後が原則です。)

地盤補強工事

地耐力検査の結果、必要と判断された場合のみ、地盤補強工事を実施します。

着工

地縄張りから基礎工事へ建築工程を進めます。

上棟

構造体が完成した段階で構造検査を実施します。

造作完了

木工事完了後、仕上げ工事がスタート。表示登記作業を開始します。

完成

住まいが完成し、竣工検査を実施します。

お引渡し

鍵、住まいのしおり、保証書などをお渡しします。

ご入居

ご入居後、サービス担当者が決定、お伺いします。

登記済権利証書

建物の登記済権利書が完成。

アフターサービス

ご入居後、サービス担当者が定期的に巡回サービスを実施します。


リフォーム
リフォーム
キッチン
バスルーム
洗面トイレ
屋根・外壁